TAG

  • 2020年5月17日
  • 2020年7月12日

滝ノ橋と本陣跡の案内板【神奈川宿歴史の道その16】

上の図は「金川砂子」に描かれた、江戸後期の神奈川宿の風景である。現在と同じ場所にあった滝ノ橋を中心に、江戸側には神奈川本陣、反対側に青木本陣が置かれていた。本陣とは、大名や公家などが宿泊したり、休息するための幕府公認の宿である。