wena3

wena 3でG-SHOCKをスマートウォッチ化 変換アダプタで取り付け

発売前から予約をしていましたが、人気のためなかなか届かなかったwena 3 metalのシルバーモデルがやっと到着しました。
世の中G-SHOCKをスマートウォッチにしたいというキワモノの方もいると思いますが、正規品のパーツだけではG-SHOCKには取り付けることが出来ないため、アダプターを組み合わせることで取り付けてみようと思います。

SONYから出ているwena 3のラグ幅変換アダプターでは一番幅が狭いものでも18mmで、GMW-B5000D-1JFの幅は16mmなので2mm大きいため取り付けられません。
なので「ラグ幅16mm → ベルト幅20mm」と「wena 3 20mmラグ」の2段構え組み合わせで取り付けましょう。

今回wena 3 metalのシルバーモデルを取り付けるということで用意したのは、GMW-B5000D-1JFです。最近はもっぱらこいつが相棒になっています。
発売当初は手に入らなかったのですが、今では普通に買えるみたいですね。

AD

今回使用するパーツなど

[カシオ] 腕時計 ジーショック Bluetooth 搭載 電波ソーラー GMW-B5000D-1JF メンズ シルバー

ソニー ウェナ SONY wena スマートウォッチ 電子マネー Suica Alexa搭載 活動量計 iOS/Android対応 wena 3 metal Silver WNW-B21A/S

G-SHOCK Gショック専用 カスタム パーツ メタル アダプター パーツ 交換【Vol-02】

GMWB5000シリーズ専用アダプター(20mm幅ストラップ)を購入しました。

WNW-EP202 endpiece 20mm

オンラインショップで見つからなかったので、探してみてください。

Antarc 腕時計バンド調整 時計ベルト交換 工具 11点 セット

wena 3開封

あまりに届かなかったので、ラバーモデルにしてしまおうか悩みましたが、やっぱりメタルで正解でした。

G-SHOCKのイカツイ鉄感と比べてしまうと、質感は気持ち安っぽい感じはあります。とはいえ普通のシルバー時計なら問題ないんではないでしょうか。

G-SHOCKのベルトを外す

G-SHOCKのベルト根本にあるマイナスネジを外していきます。
片方だけ回すと空回転してしまうので、反対側も抑えながら回しましょう。
これがなかなか曲者で、すぐ外れるのもあれば、固くなってしまっている場合もあります。ドライバーで時計を傷つけないように気をつけましょう。私はガッツリ傷つけました。

片方のネジが固く苦戦しましたが、外すことに成功。
中に黒いパイプが入っていました。これを抜かないととベルトが外れないので注意が必要です。

せっかくなので外れたついでにポリデントに打ち込んでお掃除。
超音波洗浄機もありますが、準備が面倒くさいのでポリデントが楽でおすすめです。
パーツクリーナーとして活躍してくれます。

【まとめ買い】スッキリデント 入れ歯洗浄剤 総入れ歯用 酵素入り ミントの香り 120錠入×2個セット

変換アダプター

wena 3のWNW-EP202 endpiece 20mmとGMWB5000シリーズ専用アダプター(20mm幅ストラップ)を組み合わせました。
GMWB5000シリーズ専用アダプター(20mm幅ストラップ)はクロムで光沢があるため、本体と質が一緒で統一感があります。
逆にWNW-EP202 endpiece 20mmはヘアラインの入ったマット調で、GMW-B5000D-1JFの正規ベルトと似たような感じです。

ベルト調整は工具があると便利

お店で頼むとなんだかんだで料金がかかるので、こういった工具がまとまっているセットを1つ買っておくと節約になります。
特に時計をいくつも持っている方は揃えておいて損はないですね。

wena 3のベルトはCリング式です。
ピンを抜くと小さなCリングパーツもあるので、無くさないように注意しましょう。

活動ログを取るためのセンサーが付いているため、なるべく皮膚と密着させたほうが良いようです。正確な数値を出すためにも、気持ち1コマ詰めておくくらいの幅にした方が良いかもしれません。

wena 3 + G-SHOCK夢の組み合わせ

wenaの過去モデルの時から夢だったG-SHOCKスマートウォッチ化がついに出来ました!
wena 3のベルトと、G-SHOCK正規ベルトの質感が似ているので、身につけた感覚はそこまで大きな差は感じません。シックリきています。

明るい有機ELディスプレイなので、外で見てもしっかり認識することが出来ました。
唯一気になる点としては、ドットが荒いです。SONYのサイトの写真は誇張していますね……特にSuicaのロゴはあんな綺麗に表示されませんよ。

充電方式はUSB-Cの先端に丸いクリップ状のパーツを取り付けて、身体センサーの部分に取り付ける形です。
なにはともあれUSB-Cという所は評価したいですね。

時計を取り付けると、しっかり食いつくので、慣れないと外すのが難しいかもしれません。

ちょっと癖のある通知機能

wena 3の通知はアプリ内で、一つ一つ通知を表示するアプリを追加していきます。
なので、アプリ内に無いものはwena 3に表示することは出来ません。
特にゲームアプリは無いですね……にゃんこ大戦争追加してくださいSONYさん。

何か原因があるのか、ただのバグなのか分かりませんが、一切通知してくれなくなることが毎日のように起こっています。
その時はwena 3自体を再起動することで解決はしているのですが、通知ってスマートウォッチのメインの機能なので、早く改善してもらわないとダメだなと思いますね。

右手の被れから脱却

左手にG-SHOCK、右手にGarminという組み合わせで生活していたのですが、どうしてもGarminのラバーベルトで蒸れて皮膚が被れてしまっていました。
左手にはちゃんと腕時計をしたいけれど、ライフログも取りたいという方には、メタル時計をこういったカスタマイズするのも良いかもしれません。

またアップデートで対応予定らしいですが、iPhoneのヘルスケアには現状同期することが出来ていません。
これも早く対応してほしいな〜

AD
wena3
Twitterだけの情報も発信中。フォローしよう☆