東光寺外観

東光寺の案内板【神奈川宿歴史の道その24】

神奈川宿歴史の道一覧はこちらです。

東光寺外観
AD

東光寺

東光寺案内板

東光寺は、平尾山と号し、新義真言宗に属す。

この寺の本尊はもと太田道灌の守護仏であったが、道灌の小机城攻略後、平尾内膳がこの仏を賜り、この寺を草創したといわれる。

また、道灌は内膳に本尊を与えるに際し、「海山をへだつ東のお国より、放つ光はここもかわらじ」との歌を読んだといわれ、この歌が東光寺の名称の由来だとも伝えられる。

『金川砂子』には街道に面して山門を開く様子が描かれている。

地図を見る

AD
東光寺外観
Twitterだけの情報も発信中。フォローしよう☆