東観寺

東観寺の俗体男女並坐像浮彫墓標

東観寺
AD

俗体男女並坐像浮彫墓標

俗体男女並坐像浮彫墓標の案内板

横浜市指定有形文化財(石造建造物)
俗体男女並坐像浮彫墓標

平成六年十一月一日指定
所有者 緑区東本郷町四丁目二番六号 大久保利長
所在地 緑区東本郷一丁目二十一番一号 東観寺
員数 一基
時代 江戸時代前期[寛文十一年(一六七一)]
寸法 総高 一二一・〇センチメートル

この墓標は、正面唐破風屋根付の位牌型墓標で、俗体の男女像が浮彫されています。

刻銘によれば、男女は桓武天皇二十九代で三浦氏を名のる由緒ある家系の夫妻で、亡夫の墓標を造立するに当たり、妻は逆修(生前に仏事を行うこと)して連理の契をあらわしたものであることが知られます。

墓標に俗体像を彫刻する例は非常に珍しく、石彫技術も秀逸で、江戸時代前期の特異な石造遺品として注目されます。

平成七年三月横浜市教育委員会

神奈川県横浜市緑区東本郷1丁目21−1

地図を見る

AD
東観寺
Twitterだけの情報も発信中。フォローしよう☆