東照寺

入り口で布袋さまが待っている東照寺の歴史

東照寺
AD

東照寺の歴史

東照寺の歴史

当寺は慶安二(一六四九)年、大曽根の大乗寺第三世生外意鉄大和尚が創建された。本尊は薬師如来で伝えるところでは行基作という。十二年寅年の四月にしか扉を開かないという秘仏である。

宗派は禅宗で曹洞宗に属し本山は永平寺、總持寺である七福神の中の布袋尊をまつり正月の初まいりは賑やかである。

この方は中国の禅僧であったという。

この寺にまつられている仏さまは他に高租承陽大師、太租常済大師、達磨大師、大元菩薩、十六羅漢、観世音菩薩、毘沙門天等があり境内には如意輪観世音、地蔵尊、山門には六地蔵、青面金剛が祀られている本堂正面には薩摩藩主嶋津斉宣公の筆による瑠璃光明界の額がある。

この他、古い掛け軸や書物等が保管されている。なお当寺の歴代住職のなくなられた年月日は次の通りである。

開山生外意鉄寛文元年6月24日
2世雪聳董嶺延宝7年5月10日
3世大長本吉天和2年5月12日
4世敷山重栄負享4年2月9日
5世舟海泰呑亨保3年12月31日
6世揚山春柳亨保17年8月20日
7世北海秀林5月28日
8世石定機禅寛保元年3月21日
9世玄山活道不詳
10世良惟嶺元明和4年9月13日
11世甲岳呑悦明和4年12月5日
12世卍岳禅豊明和3年12月20日
13世法雲桓隆天明8年8月22日
14世雲山太瑞寛政7年9月9日
15世実道台岩不詳
16世徳峰雄明寛成4年11月9日
17世租春哲来寛成元年3月16日
18世圓隆密宗寛成2年4月28日
19世月海龍受不詳
20世雄山泰栄文化10年10月10日
21世大宣了儀寛成11年11月8日
22世寛山岱容天保2年9月28日
23世大圓瑞峯天保9月4月28日
24世徹雲確嶺弘化2年3月3日
25世白道泰岩嘉永4年12月18日
26世智玄白明明治3年12月10日
27世仰山默宗明治39年10月29日
28世正宗徳山昭和19年7月24日
29世大光謙道昭和49年3月16日

当寺は薩摩出身の住職が多く薩摩との往来が盛んであり嶋津公の信仰をえていたことをうらづける文物が少なくない。

又、江戸との往来も盛んであってこの寺から江戸の泉岳寺等へうつられた方も多い。

境内の石段敷石は文化元年(一八〇四)のものであり手洗石は江戸商人の寄進によるそれぞれ当山二十二世寛山岱容大和尚のころの作である。

境内の四地蔵は山門入口の六地蔵の下から掘り出されたものである。

布袋尊

布袋尊を拝見しにウォーキングしてきました。入口に立っていて、良い顔していました。お寺はシンプルで爽やかな印象で、駐車場もあり広々としていました。

神奈川県横浜市港北区綱島西1丁目13−15

AD
東照寺
Twitterだけの情報も発信中。フォローしよう☆