旧居留地90番出土の大砲

神奈川県立歴史博物館にある発掘された大砲の案内板

神奈川県立歴史博物館

神奈川県立歴史博物館はどちらが正面なのか分からないのですが、勝手に馬車道側を正面だと思っています。なので、今回は裏口に設置された大砲の紹介です。

旧居留地90番出土の大砲
AD

旧居留地90番出土の大砲

旧居留地90番出土の大砲案内板

この大砲は、旧山下居留地90番(現在の横浜市中区山下町90番地)地中から、昭和34年にオランダ製の11ポンド砲とともに出土した帝政・シア製の32ポンド砲です。

出土地では、かつてスイスの商社シーベル・ブレンワルト商会(慶応元・1865年創立)が営業していました。

この大砲は同商会の取扱商品のひとつで、使われなくなった大砲を錨に作り変えて、横浜に出入りする船舶に販売しようとしたもので、関東大震災によって地中に埋まってしまったものと推定されます。

幕末・明治初期の外国人居留地と、そこで営業した外国商館の活動を知ることができる貴重な資料で、横浜市教育委員会より当館へ寄託されたものです。

口径16.5cm 全長220cm 重量1690kg

地図を見る

AD
旧居留地90番出土の大砲
Twitterだけの情報も発信中。フォローしよう☆